おもちゃ

スケボーと迷っているならブレイブボードがオススメ【くねくねスケボー】

ブレイブボードのオススメポイントを紹介していきます

ブレイブボードとスケートボードの違い

スケートボード(スケボー)は平らな真っ直ぐの板に車輪が付いているものになりますが、ブレイブボードは可変性のあるボードに車輪が付いています。

スケートボードの場合は片方の足で地面を蹴ってその力を利用して前に進んだり、様々なトリックを行います。

一方、ブレイブボードは乗っている本人がボードを左右交互に動かすことで前に進むことができます。

ブレイブボードの種類

リップスティック

韓国で考案されたエスボードというものが、ブレイブボードの元祖的な存在とされています

これをもとにアメリカのRazor USA社が「リップスティック」として販売しており世間には1番、認知度が高いかもしれません。

サイズによりデラックス、デラックスミニ、エアーミニがあります。

ブレイブボード

日本では、リップスティックの正規代理店が2つあるのですが、そのうちの一つであるビタミンiファクトリー社が、リップスティックをブレイブボードという名称で販売していらのです。

なのでリップスティックとブレイブボードは名前こそ違うものの同じ商品です。

ジェイボード

ジェイボードはJ.D. Corporation社が販売しているものです。

リップスティックよりも安価な価格が大きな特徴でしょう。

ブレイブボードのおすすめのポイント

①小さい子でも慣れればすぐに乗ることができる

実際にブレイブボードに乗ってみれば実感すると思いますが、スケートボードよりも簡単に乗りこなすことができると思います。

最初はバランスを取るのに苦労するかもしれませんが、慣れてくると小さな子でもすぐに乗れるようになるでしょう。

小さい頃にスケートボードに挫折したお父さんも是非試してみてください。

簡単な練習できっとすぐに楽しめるようになるはずです。

②スケボーよりも転倒のリスクが低い

これは全員に当てはまらないかもしれませんが、ブレイブボードの方がスケートボードに比べて転倒のリスクが少なく遊ぶことができると思います。

スケートボードはサイズにもよりますが少し重いのと、高度な技をするにつれて転倒や怪我などのリスクが上がっていきます。

その他ブレイブボードはスケートボードよりも安全に遊ぶことができるでしょう。

ですが、転倒の可能性はゼロではありませんので、必ずブレイブボードで遊ぶ時はヘルメットと防具はつけましょう。

③子供のバランス感覚が鍛えられる

バランス感覚が鍛えられることがブレイブボードの良い点です。

実際にブレイブボードで遊んでみるとわかると思いますが、普段使わない腰や体の筋肉を使います。

また、想像以上にバランス感覚の重要性が必要であることを実感するでしょう。

これらの動きに慣れることによって他の競技にも生かせるようなバランス感覚を養うことができるはずです。

④種類がたくさんあるのでお気に入りのものを見つけることができる

ブレイブボードのサイズやカラーはたくさんあります。

その子に合ったお気に入りの1台を見つけることができるでしょう。

⑤コスパが良い

ブレイブボードの中でもラングス社のリップスティックは定価で10000円位します。

少し高いと感じる方もいると思いますが、かなり頑丈ですし乱暴に使ってもちょっとやそっとじゃ壊れません。

使用頻度を考えるととてもコスパに優れたグッズだと思います。

⑥外で遊ぶ機会が増える 

ブレイブボードは基本的には外で遊ぶ道具ですので自然と外で遊ぶ機会が増えることでしょう。

最近では運動不足の方も多いかもしれませんがブレイブボードはそれをきっと解消してくれるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はくねくねしたスケートボード、ブレイブボードについてオススメのポイントなどを紹介しました。

普段は家にこもっている子でもブレイブボードがあればきっと外に出て遊んでくれることでしょう。

お父さん、お母さんも子ども一緒に楽しんでくださいね。

それでは。

ABOUT ME
Dr.Koro
Dr.Koro
小児科専門医で小児内分泌が専門で、大学病院等を経て現在都内の病院で働いています。病気や育児に役立つ情報を紹介しています。