育児

【小児科医が厳選】子育てに本当に役に立つオススメの育児本5冊を紹介します

子育てに本当に役に立つ育児本5冊を紹介します

育児本って似たようなものが沢山あって選ぶのに迷ってしまいますよね。

そこで今回は小児科医の立場から本当にオススメできる育児本を5冊をランキングをつけて紹介します。

ママだけでなくパパにも是非読んでもらいましょう。

きっと子育ての役に立ってくれると思いますよ。

1.世界標準の子育て

この育児本は、子どもへの接し方やしつけの仕方、習い事など子どもが成長していく中で様々な選択肢に対しての正解を提示してくれています。

海外のデータをもとにしたエビデンスのある子育て論が述べられていて、その内容は納得のいくものですし、新たな気付きも沢山あります。

子供には将来いい職業についてほしいと勉強一辺倒になりがちですが、それについても著者は警告しています。

何か子どもの自信になる強みを持たせてあげることの大切さを述べていますが、全くその通りで色々と考えさせられます。

子どもの育て方に迷っている方は是非一度読んでみてください。

子育てに関するエビデンスが豊富でしつけの仕方や、子どもの習い事や困ったときの対応など具体的な事例も豊富です。

子どもとの対応に悩んでいる方や将来の方針などについて迷っている方は必読です。

2.父親ができる最高の子育て(ポプラ新書)

父親の子育ての役割について明確にかつ分かりやすく書いてくれています。

最近は「イクメン」が当たり前の時代ですが、実際は表面上だけで本当のイクメンではなかったり、その言葉に苦しめられているパパも多いのではないのしょうか。

この本の内容は「イクメン」になるための指南書というよりは、夫婦の関係と、ママをサポートすることの重要性や、子にとっての父の役割の大切さを中心に解説されていて、子どもが生まれてからのパパ、ママの役割について悩んでいる方には最適の本だと思います。

これを読むことで子どもだけでなく、ママにとってもより素敵なパパなれるきっかけを掴めると思います。

新米パパは是非一読を。

子どもが出来たパパへのプレゼントにもいいと思います。

イクメンという言葉に苦しめられているパパや、子供ができてからのママとの関係に悩んでいる方におすすめです。

父親の役割がこの本を読むことによって理解できると思います。

3.最新! 育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ

これは子育てで、分からないことや不安になるポイントを月齢、年齢ごとにわかりやすくまとめてくれていて私の子育てのバイブルです。

育児で何か悩んだりわからないことがあれば、これを読めば大体のことは解決するはずです。

まさに一家に一冊で、最初にどの育児本を買えば良いか迷ったら、これを買っておけば間違い無いはずです。

子育てのアドバイスができるように小児科の先生も買って良いと思います。

育児は悩みの連続ですが、そんな時もこの本を読めばほとんどが解決できると思います。

詳しく、かつ要点がまとまっておりとても使いやすいので子供が生まれたら用意しておきましょう。

4.はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

離乳食の本は一冊は持ちましょう。

中でもこれはよくまとまっているのでお気に入りです。

食材や月齢からメニューを調べることができるのでとても使いやすく、レシピもシンプルなものが多いのも高評価です。

ネットの情報を参考に離乳食を作ってもいいのですが、1歳未満のレシピにハチミツを入れていたり、塩分の使い過ぎなど不適切なレシピも散見されますので、きちんとこのような本をみて作ってあげましょう。

離乳食の前期から幼児職までこれ1冊でカバーしています。

食材別でレシピを調べられたり離乳食の進め方も書いてあるので1冊あると安心です。

5.はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア (実用No.1シリーズ)

子どもはとにかく熱を出したり色々な病気にかかります。

この本は子どもがかかりやすい病気についてほとんど網羅しています。

症状などの特徴から病気を調べることができるのでとても使いやすいです。

家で様子を見るべきか、病院にすぐ行くべきか迷うことも多いと思いますが、この本があれば適切な対応を取れるはずです。

一冊持っておいて損はないでしょう。

夜間子どもが熱を出したり病気にったら不安ですがこの本をみればすぐに病院に行くべきか様子を見てよいのかが分かります。

いざという時のためにあると安心ですね。

育児本が必要な理由について

育児本は私個人の感想ですが、必ず用意しておくべきだと思います。

育児は祖父母が手伝ってくれるから本がなくても大丈夫という方もいますが、今と昔の育児の状況は全く違います。

昔は当たり前だったことが今では非常識ということもよくあります。

例えば発熱時の対応や、スキンケア、アレルギーについてです。

昔はよく熱を出したら暖かくして汗をかかせて熱を下げることをしていましたがこれは不適切です。

スキンケアについても皮膚がじくついたら昔は乾燥させるためベビーパウダーを使ったりしていましたが、今は保湿とステロイドの併用が主体です。

食べ物でアレルギーが出たからといってずっと除去してしまうのはよくありませんが、昔はそのようなことが当たり前でした。

現在のエビデンスに基づいた適切な対応を取るためにも育児本は必要なのです。

まとめ

数ある育児本から選んだ5冊はどれもおすすめです。

子育てに悩んだらしたら読み返してみると、きっと悩みを解決してくれると思います。

皆さんも是非参考にしてみてくださいね。

4か月健診でよくある質問について小児科医が解説|体重が増えない、頭の形が変だけど大丈夫?小児科専門医が乳幼児健診で良くある質問について答えていきます。 今回は4ヶ月健診編です。...
今回紹介した育児本一覧

1.世界標準の子育て:

2.父親ができる最高の子育て(ポプラ新書)

3.最新!育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ

4.はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

5.はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア (実用No.1シリーズ)

ABOUT ME
Dr.Koro
Dr.Koro
小児科専門医で小児内分泌が専門で、大学病院等を経て現在都内の病院で働いています。病気や育児に役立つ情報を紹介しています。