【患者さんは知らない】医者が愛用している常備薬を教えます【おすすめ10選】

医者が本当に愛用している常備薬を教えます

みなさん医者が普段どんな薬を使っているか知りませんよね。

今回は私が家で使用している薬を紹介したいと思います。

風邪編

葛根湯

風の引き初めにはこれです。

体温を上げる作用があるので風邪かな?と思ったらすぐに服用することをおすすめします。

これを飲んでしっかり水分を取って寝れば大体いつも風邪は治っています。

桔梗湯

咽が痛いときに効果的なのがこの薬です。

普段処方するものは細粒なのですがこれはトローチになっていて咽に長く生薬の成分を浸透させることができます。

これは漢方が苦手な人にもおすすめですよ。

トランサミン

これものどの痛みがひどいときの必需品です。

桔梗湯と合わせて使用すれば1-2日もすれば治ります。

ロキソニン

熱があるとき、頭痛がひどいとき、のどが痛いときに使います。

病気自体を治すわけではありませんが即効性があるので症状が強いときは我慢せずに使います。

二日酔い編

五苓散

知らない人も多いかもしれませんが二日酔い以外にも胃腸炎の時の吐き気にも絶大な効果があります。

忘年会シーズンなどは手放せませんでした(笑)

OS-1

水分補給にはこれです。

電解質組成がほかのものとは大きく違い体内への水分の吸収効率が違います。

ゼリータイプのほうが飲みやすく個人的にはお勧めです。

鼻水・鼻づまり・目のかゆみ偏

アレグラ

眠くなりにくいですし大体のアレルギー症状は抑えられます。

私はカバンにも常に持ち歩いています。

肩こり・頭痛偏

ロキソニン

痛みがひどいときにはこれです。

葛根湯

風邪の時もそうですが実は肩こりや頭痛に劇的に効きます。

普段痛み止めで凌いでいる方がいたらぜひ試してみては。

胃もたれ偏

太田胃散

なんだかんだでこれが一番効く気がします。

食べ過ぎたときはこれですっきりです。

疲れているとき

補中益気湯

疲れているときは栄養ドリンクよりもこっちです。

味も飲みやすいので疲れがひどいと悩んでいる方はぜひ試してみては。

口内炎編

ケナログ(オルテクサー)

歯のかみ合わせの問題かよく噛んだり疲れていると口内炎が出来がちです。

そんなときもこれをつけたら翌日には治ります。

薬もいいですが運動・食事・睡眠など規則正しい生活が基本です

薬をたくさん紹介しましたが結局は規則正しい生活が大事です。

ランニングやジム、食事の自炊などで普段から自分の体に投資してあげて健康な生活を送りましょう。

ただ、それでも具合が悪くなったりすることはありますので、これらの薬をそろえておくと安心できるかなと思います。

皆さんも参考にしてみてください。

ABOUT ME
Dr.Koro
Dr.Koro
小児科専門医で小児内分泌が専門で、大学病院等を経て現在都内の病院で働いています。病気や育児に役立つ情報を紹介しています。