育児

子どもとの休日の過ごし方に困っているお父さんにおすすめのプランを教えます

父親

子どもとの休日で困っているお父さんにおすすめの過ごし方を提案します

普段は仕事で忙しくてたまの子どもと過ごす休日。

でも、いつも近くの公園ばっかりで、ほかに子どもとどう過ごせばいいか困っているお父さんも多いのではないでしょうか。

今回は子どもとお父さんで過ごす休日のプランを提案していきます。

旅行に行く

思い切って子どもと男二人旅はどうでしょう。

いつもお母さんに甘えている子どもの違う面が見えるかもしれません。

行き先は旅館でもホテルでも構いませんが、しっかりしている子なら一緒にキャンプに行くのもおすすめですよ。

キャンプだと自分の行動に責任が伴いますが一緒に作業ができるので子供にも満足感が得られます。

夜は焚火の前で子どもと語りあかしてください。

釣りに行く

親子での釣りは特別なものがあります。

静寂な中で一緒に空間を共有したり、いろいろ工夫して一匹の魚を狙う工程はゲームでは得られません。

魚を狙ううえで生き物の命の大切さやごみなどの環境の問題も伝えられるといいですね。

父と子の釣りといえばリバー・ランス・スルー・イットが有名です。

余談ですが私はこれをみてフライフィッシングを覚えました(笑)

ルアーフィッシングの始め方も記事にしていますので参考にしてみてください。

登山に行く

小学生にもなれば登山はできます。

非日常を味わえますし自然と触れあうチャンスです。

HYAKKEIさんのサイトを参考にされるとイメージがつきやすいかもしれません。

ただあまり無理をさせると子供が山嫌いになる可能性があるので子供のペースに合わせてあげましょう

バッティングセンターに行く

ここでお父さんのすごさを子どもに見せつけてあげましょう。

ただ、できれば子どもと行く前に少し練習しておいたほうがいいかもしれませんね。

運動不足の解消にもなりますね。

一緒に料理を作る

普段はお母さんに任せきりの料理も休日なら子どもと一緒に作っちゃいましょう。

レシピを調べて買い出しも一緒に行けば完璧です。

自分が作った料理なら子どももたくさん食べてくれるはずですしお母さんのありがたみも実感してくれるかもしれません。

どうせならかっこいいエプロンも用意しちゃいましょう。

映画を見に行く

ここはあえてアニメなど子供向けではなくお父さんが見せたいものを選んで一緒に行きましょう。

いい映画をみると豊かな心が育ちます。

見終わった後に映画の感想などを語り合ってください。

映画館でなくともポップコーンを用意して家で見てもOKです。

父と子でみるのにおすすめな映画を下にいくつか挙げておきます。

スタンド・バイ・ミー

これは少年4人が夏休みに死体を探しに行くという物語です。

子どもから大人への階段を上っていく少年たちを描いており大人と子供ではそれぞれ違う感想があるかもしれません。

とてもノスタルジックな気持ちになる名作です。

学校

山田洋二監督の作品です。

西田敏行さんをはじめとして、とても個性的なキャラクターが出てきます。

あまり有名ではないかもしれませんが名作です。

菊次郎の夏

世界の北野武監督の作品です。

バイオレンスな作品が多いですがこの映画は他とは趣向の違う中年の男性と子どもとのロードムービーです。

久石譲さんの音楽も素敵です。

ショーシャンクの空に

スタンド・バイ・ミーと同じスティーブンキングが原作の小説を映画化したものです。

あきらめないことの大切さを実感できると思います。

フォレストガンプ

トム・ハンクス主演のヒューマンドラマです。

素直でまっすぐな主人公のフォレストの半生を描いています。

笑えるけれどほろっとしてしまう映画で子どもも楽しめるはずです。

ビッグ・フィッシュ

とても話しが上手な父親とその息子の物語です。

疎遠になってしまった父親が危篤状態と知らせを受けた息子。

息子は父から今までの人生を聞かされるという話なのですが、ラストが秀逸です。

ティム・バートンの作品ではベストだと思います。

是非親子でみてください。

居酒屋に行く

ここはあえての居酒屋です。

普段お母さんとは行かない居酒屋に行くことで大人の世界に一歩足を踏み入れたような感じになり子どもも自分が一人の男として認められていると感じてくれるでしょう。

意外と子どもが食べられるメニューも多く気に入ってくれるはずです。

お父さんはビール、子どもはジュースで乾杯してあげてください。

銭湯に行く

スーパー銭湯でももちろんOKです。

一緒に湯船につかって湯上りに飲むコーヒー牛乳は最高です。

そのあと一緒にご飯も食べちゃいましょう。

後は帰って寝るだけなのでお母さんも大助かりです。

行くときはタオルや石鹸など持参しておくと節約になりますよ。

まとめ

どうでしたか?

たまの休日は思い切って子どもと普段やらないことをしてみるのもいいですよね。

是非参考にしてみてくださいね。

親子の絆がより一層深まるはずですよ。

ABOUT ME
Dr.Koro
Dr.Koro
小児科専門医で小児内分泌が専門で、大学病院等を経て現在都内の病院で働いています。病気や育児に役立つ情報を紹介しています。