病気

【ネコにひっかかれたら要注意!】ネコひっかき病の症状や治療について解説します

ネコひっかき病の症状や治療について解説します

みなさんはネコひっかき病という一風変わった名前の病気をご存知でしょうか。

今回はそんなネコひっかき病の原因や検査、治療について解説していきます。

猫ひっかき病とは

ネコひっかき病は「ひっかき」を始めとするネコとの接触による、Bartonera henselaeとバルトネラ属菌の感染で発症します。

症状としては、受傷後10~14日に局所リンパ節が腫大し、発熱、全身倦怠感などの症状が数週間持続します。

原因は

ネコひっかき病は人獣共通感染症です。

人獣共通感染症とは

人と動物の両方に感染する病気の総称で動物から人に感染するものがメインで、動物では発症しないものもあります

原因菌は、ネコが保菌しているBartonella属に属するBartonella henselaeです。

バルトネラ・ヘンセラエ(B. henselae

日本細菌学会ホームページ http://jsbac.org/index.htmlより引用

症状は

ネコとの接触後またはネコによる受傷後10~14日後に起こる有痛性の局所リンパ節の腫脹を特徴とします。

典型的な場合は、上肢の創傷では腋窩リンパ節が、下肢の創傷では鼠径リンパ節の腫脹を認めますが、頸部のリンパ節腫脹がみられることも多くあります。

その他の症状では微熱、全身倦怠感、関節痛、悪心、嘔吐、頭痛、食欲不振などもあります。

ただこれはあくまで典型例であり発熱以外にほとんど症状がないこともあります。

頻度としては患者の5~14%に非定型的な症状が出現するとされ、約6%にParinaud結膜腺症候群(耳介前リンパ節の腫脹を伴う結膜炎)が出現し、約2%に神経学的合併症が出現します。

検査は

不明熱(原因がわからない発熱)で接触歴が不明でβラクタム系抗菌薬が無効であるようなリンパ節炎でもネコひっかき病を考慮します。

小児例も多く家内発生も起こり得る疾患ですので、経過からこの疾患が疑われれば超音波、CT、MRIなどの画像検査でリンパ節腫脹および膿瘍形成などの所見を確認します。

確定診断にはB. henselaeの分離が重要となります。

分離にはチョコレートまたは血液寒天培地を用いますが菌の発育には通常3~5週間を必要とします。

また、本菌は赤血球の中に感染しているので末梢血や、他にリンパ節生検組織、排膿液、穿刺吸引液などからPCR(polymerase chain reaction)法で、B. henselae DNAの検出が可能です。

他にはリンパ節生検で菌を確認したり、抗体検査で抗体価の上昇を確認します。

治療は

ネコによる受傷直後は創傷部処置を行い、ゲンタシンなどの外用薬を用います。

抗菌薬の予防投与を行う場合もありますが自然治癒も多いです。

治療は自然治癒傾向のないリンパ節腫脹や発熱が長期間持続する場合、重篤な全身症状を伴うものにのみ行います。

治療にはマクロライド系抗菌薬が一般的に用いられます。

ネコを飼っていなくてもかかることがある?

ネコひっかき病という名前ですが実際にネコを飼っていなくても退勤、通学経路にネコがいたり、直接触れなくてもかかることがあるとされています。

そのため原因不明の発熱があれば鑑別疾患として考えなければなりません。

まとめ

今回は猫ひっかき病について解説しました。

皆さんも原因がわからない発熱が続いたら注意してください。

参考文献

沼崎啓: ネコひっかき病(バルトネラ感染症). 小児科診療, 81巻-増刊号,151-152, 2018

ABOUT ME
Dr.Koro
Dr.Koro
小児科専門医で小児内分泌が専門で、大学病院等を経て現在都内の病院で働いています。病気や育児に役立つ情報を紹介しています。